Blog

お風呂洗浄

お風呂は日々の疲れを癒してくれる場所でもありますが、浴室は常に湿度が高いので、細菌やカビが繁殖しやすく、匂いもこもりやすいです。毎回の清掃も大切ですが、一定間隔の特別清掃も必要な場所です。今回は洗浄の基礎を学び、浴室汚れの種類にあった洗剤を解説してきますが、その前に実際に清掃を行った写真をご覧になってください!

上 清掃前 下 清掃後

使ったものはアルカリ洗剤とメラミンスポンジのみです。酸性の方が汚れは落ちやすいですが、表面を傷つけてしまう恐れがあります。どうでしょうか?パッと見ただけで綺麗になってますよね。
*清掃後のシミのような部分は、浴槽のコーティングが落ちて水などが染み込み汚れのように見えてしまっている可能性が高いです。乾けばなくなります!
時間もそれほどかからなかったので、できるだけ毎日手入れをしましょう!

ここからは文章で解説していきます。

1 ”洗浄”に及ぼす要素                                                       洗浄に及ぼす要素を4つの視点で捉え、効果を最大に発揮できる洗浄方法を選択することが必要です。                   ①化学力                                                               これは洗剤の選択です。洗剤は多種多様ありますが、汚れと被洗物の種類によって、また許容される作業時間や作業環境に応じて、選択していきます。                                                ②物理力                                                           洗浄機器やツールの選択になります。物理力に依存しないほうが被洗物を痛めにくいのですが、物理力を有効に使うことにより、短時間で効果的に作業を終えられるメリットもあります。                             ③温度                                                              温度は高いほうが、水自身の表面張力を低下させ、界面活性剤の浸透・湿潤作用を向上させ、汚れを軟化させますので、除去しやすくなります。しかし、洗剤の匂いが強くなったり、非イオン界面活性剤を含む洗剤は高温で分離して濁ったりする場合があるので、注意が必要。                                        ④時間                                                              いったん洗剤に濡らし漬けたりして、時間をおいて本格的な洗浄作業に入ると、効果的に洗浄できる場合も多いです。また、薬液が十分な量であれば、接触時間を長く保持するほうが細菌の除菌効果も高いです。ただ、放置することで思わしくない反応を起こすこともあるので注意。

2 浴室に見られる素材と汚れ                                                       ・被洗物                                                               ①浴槽                                                             一般住宅やビジネスホテルの浴槽は、FRP製(ガラス繊維強化プラスチック)が多いです。柔らかなスポンジを使用しないと傷つきやすく、汚れも付着しやすい欠点があります。一般住宅用では、人口大理石、ホーロー、ステンレス、ヒノキの素材もあります。                                      ②洗い場                                                           水道、シャワーヘッド、壁面の鏡の取り付け器具はステンレス製が多く、ボディーソープなどの容器はポリエチレン製が多いです。                                                          ③扉・窓                                                          ガラス製と樹脂製があり、アルミサッシ枠に固定され、ゴムや樹脂でシールされています。                      ④床・壁・天井                                                         ユニットバスなら、プラスチック製に。入浴施設では天然石材や陶器タイルであったり、防水加工した木や樹脂シートもあります。                                                          ⑤換気設備                                                            フィルターはこまめに掃除する必要があり、カビが生えやすいので清掃は欠かせません。扉付近にはほこりも溜まりやすいです。                                                            

・汚れの種類                                                       ①皮脂汚れ(酸性の汚れ)                                         皮脂汚れは酸性で疎水性(水に溶解しにくい、水と混ざりにくい物質)                                 ②石鹸カス・金属石鹸(アルカリ性の汚れ)                                         ボディーソープやシャンプーなどには、様々な界面活性剤や油脂、ポリマーなどが使用されており周囲に飛び散ります。これが流されずに残ると、乾燥して固着したりずっと保湿したりして細菌の温床になります。また、硬度成分(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)が、石鹸や皮脂汚れと反応し、不溶性の金属石鹸に変化して、乾燥すると水に溶けにくい成分として固着してしまいます。                                       ③スケール・ケイ素汚れ(無機の汚れ)                                              硬度成分と水中に含まれるケイ素汚れが加わると、かなりの難溶性の固着物を形成します。これらの汚れを「水垢」「スケール」と言います。地域による水質の違いも影響します。                                 ④ピンク汚れ・ヌメリ・カビ・細菌(微生物の汚れ)                                   浴槽は40℃近くに加温され、湿度も高く、皮脂などの栄養分もあるので、細菌が繁殖しやすいです。目に見えない細菌の増殖と、目に見える汚れのピンク汚れ、ヌメリ、カビなどにも対策が必要です。

3 汚れに適した洗剤の選定                                               ①酸性の汚れに対する洗剤                                               皮脂に含まれる疎水性の脂肪酸は、例えば水酸化ナトリウムなどのアルカリによって中和可能。脂肪酸ナトリウムになって水中に分散されやすくなり、被洗物から除去されます。重曹のような弱いアルカリでも効果があります。  ②アルカリ性の汚れに対する洗剤                                           浴室で飛散した脂肪酸石鹼や様々な界面活性剤、油脂などは乾燥すると水だけではなかなか除去できません。なので、お湯を用いて固着物を柔らかくし、浴室用中性洗剤をスポンジに付けて擦れば、比較的容易に落ちます。硬度成分が石鹸と反応し、凝集した金属石鹸は水に難溶です。このように変化したアルカリ性の汚れに対し、酸性の洗剤が有効です。                                                   クエン酸はカルシウム塩の溶解性に優れており、安全性が高いので業務用や家庭用でも用いられますが、効果は穏やかです。また、カルシウムと反応したクエン酸カルシウムは、乾燥しないうちに十分な水で洗い流さないと、さらに厄介な固着物になることもあります。                                   様々な素材が混在する浴室で使用される浴室洗剤は、中性洗剤が一般的。酸性洗剤は金属面を腐食や錆びるので、使用後は十分な水量で洗い流す必要があります。また、塗装されたアルミサッシには酸性洗剤は使用できません。  ③無機の汚れに対する洗剤                                               スケールは難溶性の高い固着物なので、物理力に頼ることになります。鏡のうろこ状の汚れの除去には、酸化セリウムやシリカの微粒子状の研磨剤を含有する洗剤を用いたり、かなり小さなダイヤモンド粒子をコーティングしたスポンジを用いたりして、時間をかけて丁寧に削り取っていく方法になります。鏡を傷つけてしまうこともあるので、目立たない隅で試し擦りをお勧めします。                                          ④微生物の汚れに対する洗剤                                               目に見えない細菌類の汚れには、日々の除菌洗浄が大切です。洗剤の有効成分を効果的に作用させるためにも、洗ってすぐ水洗するよりは、スポンジに含ませて洗い広げたほうが望ましいです。除菌剤として第四級アンモニウム塩を含有する洗剤が多く、銀イオンやその他の除菌剤を使用してる洗剤もあります。                       おいだき機能が付いてる浴槽は、定期的に過炭酸塩を含む洗剤を入れておいだきし、おいだき配管内も除菌洗浄することが望まれます。

4 使用上の注意点                                                      ①日々の洗浄と吹き上げが大切                                                石鹸カスが残らないよう丁寧に洗い流し、タオルで拭き上げをして水滴が残らないようにしましょう。その後の換気も細菌の繁殖を防ぐことに繋がります。                                     ②除菌中性洗剤が一般的                                                  浴室には様々な素材があるため、できるだけ酸やアルカリの洗剤を使用せず、激しく擦ることも避けましょう。毎日の洗浄は中性洗剤を使用し、柔らかいスポンジで洗浄するのが一般的です。スポンジに洗剤をつけて洗い広げてから2~3分経って、再度スポンジで擦り洗いしながらお湯で流すと効果的です。                           ③酸性洗剤とカビ取り剤の併用に注意                                            ある程度固着してしまったアルカリ汚れや無機汚れの除去には、酸性洗剤も効果があります。ただ素材を傷つけてしまう可能性もあります。なので短時間の使用に留め、残存しないように十分に洗い流すことが大切です。     また、カビ取り剤を同時に使うと有毒なガスを発生させることがあります。カビ取り剤を使用するときは、別の洗剤を使用してから時間をあけるか日を分けるとよいでしょう。

5 まとめ 正しく使用するには                                              ①日々の洗浄は除菌中性洗剤と柔らかいスポンジで                                         ②カビ取り剤の併用は時間をずらすか、日を分けて                                         ③酸性洗剤は短時間使用に留め、十分洗い流す                                         ④鏡のうろこ取りは傷つけない微粒子の研磨剤入り洗剤を選んで

以上、とても長くなってしまいましたがどうでしたでしょうか?興味のある方は是非試してみてください!

では最後まで読んで頂き、ありがとうございました!                                                                                                                                                                       

Translate »